Publications

以下 reseachmap WebAPIを利用して抽出しています,最新の情報が反映されていない場合があります。一部フォーマットが崩れているかもしれません。近日中に修正します。

Papers:

  1. Yunoki S, Hamagami T, Oshige K, Kawakami C, Suzuki N., “High accuracy of call triage decision by Bayesian network”, Electronics and Communications in Japan 97(1) 62-69 2014年
  2. Hamagami T, Sawada K., “Discovering intellectual structure from digital archives: Intelligent aided system for arts and history studies”, IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems 134(9) 1282-1286 2014年
  3. Takuo Suzuki,Tomoki Hamagami, “Context awareness by unit-type evolutionary Petri net for team medical care support.”, 2014 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics, SMC 2014, San Diego, CA, USA, October 5-8, 2014 385-390 2014年
  4. Hamagami T, Ohshige K, Suzuki N., “Application of machine learning to medicine field:Toward realization of smart emergency medicine”, Journal of the Institute of Electrical Engineers of Japan 133(6) 344-347 2013年
  5. Shi Hongbo, Hamagami Tomoki, Xu Haoyuan, Yu Ping, Wu Yonghe, “A Method for Classifying Packets into Network Flows Based on GHSOM”, 17(6) 730-739 2012年12月
  6. Kato Yoshifumi, Hamagami Tomoki, “Genetic algorithm sampling the solution space selectively depending on difficulty of power distribution network restoration”, Electronics and Communications in Japan 95 (2) 16-24-24 2012年2月
  7. Hamagami T., “Preface to the special issue on “statistical design and application of stochastic optimization and machine learning””, IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems 132(1) 2012年
  8. Yunoki S, Hamagami T, Oshige K, Kawakami C, Suzuki N., “High-accuracy decision of call-triage by using bayesian network”, IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems 132(1) 2012年
  9. Hongbo Shi,Tomoki Hamagami,Haoyuan Xu,Ping Yu 0001,Yonghe Wu, “A Method for Classifying Packets into Network Flows Based on GHSOM.”, MONET 17(6) 730-739 2012年
  10. Mitsuhiro Nakamura,Tomoki Hamagami, “A Software Quality Evaluation Method Using the Change of Source Code Metrics.”, 23rd IEEE International Symposium on Software Reliability Engineering Workshops, ISSRE Workshops, Dallas, TX, USA, November 27-30, 2012 65-69 2012年
  11. Kato Y, Hamagami T., “Genetic algorithm sampling the solution space selectively depending on difficulty of power distribution network restoration”, IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems 131(5) 1031-1037 2011年
  12. Shi H, Hamagami T., “Distributed multihoming routing method by crossing control MIPv6 with SCTP”, IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems 131(4) 818-825 2011年
  13. Kobayashi H, Hamagami T., “Autonomous implant sensor position measurement using human voxel data”, Electronics and Communications in Japan 94(6) 1-9 2011年
  14. Hongbo Shi,Tomoki Hamagami,Haoyuan Xu, “Machine Learning Based Autonomous Network Flow Identifying Method.”, Wireless Internet – 6th International ICST Conference, WICON 2011, Xi’an, China, October 19-21, 2011, Revised Selected Papers 98 LNICST 447-457 2011年
  15. Kodama Y, Hamagami T., “Distributed processing system for restoration of electric power distribution network Using Two-Layered Contract Net Protocol”, IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems 130(2) 201-208 2010年
  16. Saito T, Hamagami T., “Adaptive adjustment of weight parameters for diploid genetic algorithm with a network structure”, Proceedings – 2010 2nd WRI Global Congress on Intelligent Systems, GCIS 2010 1 249-253 2010年
  17. Kominami M, Hamagami T., “A new genetic algorithm with diploid chromosomes using probability decoding for adaptation to various environments”, Electronics and Communications in Japan 93(8) 38-46 2010年
  18. Takeshi Shibuya,Hideaki Arita,Tomoki Hamagami, “Reinforcement learning in continuous state space with perceptual aliasing by using complex-valued RBF network.”, Proceedings of the IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics, Istanbul, Turkey, 10-13 October 2010 1799-1803 2010年
  19. Atsuhiro Yamazaki,Tomoki Hamagami,Takeshi Shibuya, “Complex-valued reinforcement learning with hierarchical architecture.”, Proceedings of the IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics, Istanbul, Turkey, 10-13 October 2010 1925-1931 2010年
  20. Kodama J, Hamagami T, Shinji H, Tanabe T, Funabashi T, Hirata H., “Multi-agent-based autonomous power distribution network restoration using contract net protocol”, Electrical Engineering in Japan (English translation of Denki Gakkai Ronbunshi) 166(4) 56-63 2009年
  21. Kobayashi H, Hamagami T., “Autonomous implant sensor position measurement by using human voxel data”, IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems 129(1) 2009年
  22. Hongbo Shi,Tomoki Hamagami, “Cross-Layer Routing Method for the SCTP with Multihoming MIPv6.”, Access Networks, 4th International Conference, AccessNets 2009, Hong Kong, China, November 1-3, 2009, Revised Selected Papers 37 LNICST 179-191 2009年
  23. 澁谷長史, “複素数で表現された行動価値を用いるQ-learning”, 電子情報通信学会論文誌D J91-D(5) 1286-1295 2008年5月
  24. 小南学, “環境の変化に応じた多様性維持を可能にする二倍体遺 伝的アルゴリズム”, 電気学会論文誌C 129(3) 381-387 2008年3月
  25. 平田廣則, “知的車椅子ロボットにおける環境パラメータを介した 協調行動の獲得”, 計測自動制御学会論文集 44(2) 191-198 2008年2月
  26. Kominami M, Hamagami T., “A new genetic algorithm with diploid chromosomes by using probability decoding for adaptation to various environments”, IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems 128(3) 2008年
  27. Shibuya T, Hamagami T., “A method of generalization of state space construction for multirobots with different sensor configurations”, IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering 3(4) 418-424 2008年
  28. M.Kominami, “New Genetic Algorithm with Diploid Chromosomes by Using Probability Decoding for Non-Stationary Function Optimization”, 2007年10月
  29. T.Shibuya, “Experimental Study of the Eligibility Traces in Complex Valued Reinforcement Learning”, 2007年10月
  30. M.Kominami, “A new distribution power network restoration system based on the multi-agent under the limitation of computational resources”, 2007年7月
  31. 児玉淳一,濱上知樹,宍道洋,田邊隆之,舟橋俊久,平田廣則, “契約ネットプロトコルを用いたマルチエージェントによる自律分散型の配電系統事故復旧方式”, 電気学会論文誌C 128(1) 2007年1月
  32. Kodama J, Hamagami T, Shinji H, Tanabe T, Funabashi T, Hirata H., “Multi-agent based autonomous power distribution network restoration by using contract net protocol”, IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems 127(1) 2007年
  33. Hamagami T, Koakutsu S, Hirata H., “An adjustment method of the number of states on Q-learning segmenting state space adaptively”, Electronics and Communications in Japan, Part II: Electronics (English translation of Denshi Tsushin Gakkai Ronbunshi) 90(9) 75-86 2007年
  34. 小南学, “確率的に表現型が決まる二倍体GAを用いた動的環境下での最適化に関する研究”, 情報処理学会,情報科学技術レターズ 181-182 2007年
  35. Manabu Kominami,Tomoki Hamagami, “A new genetic algorithm with diploid chromosomes by using probability decoding for non-stationary function optimization.”, Proceedings of the IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics, Montréal, Canada, 7-10 October 2007 1268-1273 2007年
  36. Takeshi Shibuya,Shingo Shimada,Tomoki Hamagami, “Experimental study of the eligibility traces in complex valued reinforcement learning.”, Proceedings of the IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics, Montréal, Canada, 7-10 October 2007 1630-1635 2007年
  37. 島田慎吾, 澁谷長史, “複素評価値を用いた Profit Sharing に関する研究”, 情報科学技術レターズ(Information Technology Letters) 117-119 2006年10月
  38. T.Shibuya, S.Shimada, “Complex-Valued Reinforcement Learning”, 3235-3530 2006年10月
  39. J.Kodama, H.Shinji, T.Tanabe, T.Funabashi, “Autonomous Power Distribution Network Restoration Strategy by Using Multi-agent and the Contract Net Protocol”, 2006年7月
  40. 児玉淳一,宍道洋,田邊隆之,平田廣則, “マルチエージェントを用いた分散電源の協調制御”, 電気学会論文誌C 125(1) 2006年1月
  41. T.Shibuya, T.Hamagami,, “Constructing technique of state space with low dependence on sensor configurations for autonomous mobile robots”, 2006年1月
  42. Hamagami T., “Using intelligent system approaches for simulation of electricity markets”, IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems 126(2) 156-160 2006年
  43. Kodama J, Shinji H, Tanabe T, Hamagami T, Hirata H., “Cooperative control for distributed generation by using multiagent learning”, IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems 126(2) 194-195 2006年
  44. Tomoki Hamagami,Takeshi Shibuya,Shingo Shimada, “Complex-Valued Reinforcement Learning.”, Proceedings of the IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics, Taipei, Taiwan, October 8-11, 2006 5 4175-4179 2006年
  45. Kazuaki Shirai, Hironori Hirata, “Stochastic Control for Multi Car Elevator by using Learning Automatons”, 2005年11月
  46. , “State Space Partitioning and Clustering with Sensor Alignment for Autonomous Robots”, 2005年10月
  47. 今井誠,川戸康司,平田廣則, “知的車椅子のための進化型シミュレータと行動統括機構の開発”, 電気学会論文誌D 125(1) 67-75 2005年1月
  48. 白石和章,小圷成一,平田廣則, “学習オートマトンによるマルチカーエレベータ制御”, 電気学会論文誌D 125(1) 91-98 2005年1月
  49. Tomoki Hamagami,Hironori Hirata, “State space partitioning and clustering with sensor alignment for autonomous robots.”, Proceedings of the IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics, Waikoloa, Hawaii, USA, October 10-12, 2005 3 2655-2660 2005年
  50. Motoki M, Hamagami T, Koakutsu S, Hirata H., “Hebbian learning rule restraining catastrophic forgetting in pulse neural network”, Electrical Engineering in Japan (English translation of Denki Gakkai Ronbunshi) 151(3) 50-60 2005年
  51. Shiraishi K, Hamagami T, Koakutsu S, Hirata H., “Autonomous driving control for ITS by using learning automaton network with multiple environments”, Electrical Engineering in Japan (English translation of Denki Gakkai Ronbunshi) 150(4) 36-43 2005年
  52. Hironori Hirata, “Development of Intelligent Wheelchair Acquiring Autonomous, Cooperative, and Collaborative Behavior”, 2004年9月
  53. 高森真仁,小圷成一,平田廣則, “故障を考慮したブロック構造ニューラルネットワークの進化的構築”, 電気学会論文誌C 124(4) pp.1004-1011 2004年4月
  54. Tomoki Hamagami,Hironori Hirata, “Development of intelligent wheelchair acquiring autonomous, cooperative, and collaborative behavior.”, Proceedings of the IEEE International Conference on Systems, Man & Cybernetics: The Hague, Netherlands, 10-13 October 2004 4 3525-3530 2004年
  55. H.Hirata(平田廣則), “Method of crowd simulation by using multiagent on cellular automata”, 46-52 2003年10月
  56. 平田廣則, “適応的な状態分割を行うQ-Learningにおける状態数の調整方法”, 電子情報通信学会論文誌 86-D(7) 490-499 2003年7月
  57. Tomoki Hamagami,Hironori Hirata, “Method of crowd simulation by using multiagent on cellular automata.”, 2003 IEEE/WIC International Conference on Intelligent Agent Technology (IAT 2003), 13-17 October 2003, Halifax, Canada 46-52 2003年
  58. Tomoki Hamagami,Hironori Hirata, “An adjustment method of the number of states of Q-learning segmenting state space adaptively.”, Proceedings of the IEEE International Conference on Systems, Man & Cybernetics: Washington, D.C., USA, 5-8 October 2003 3062-3067 2003年
  59. S. Koakutsu H.Hirata, “New Crowd Simulation Method by using multiagent on cellular automata”, 2003年
  60. Hamagami T, Hirata H., “An Adjustment Method of the Number of States on Q-Learning Segmenting State Space Adaptively”, Proceedings of the IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics 4 pp.3062-3067-3067 2003年
  61. , “セル上に配置されたマルチエージェントによる群集流のシミュレーション”, 電気学会論文誌 C (Vol.123) No.11 , pp.2028-2035 2003年
  62. , “ティーチングとQ学習を併用した知的車椅子の自律走行”, 電気学会論文誌D (Vol.123) No.11 ,. pp.1384-1385 2003年
  63. , “知的車椅子における環境適応のための状態空間の構成法”, 電気学会論文誌D (Vol.123) No.10, pp.1118-1124 2003年
  64. , “複数環境学習オートマトンによるITS自律走行制御”, 電気学会論文誌C (Vol.123-C) No.7, pp.1285-1291 2003年
  65. , “パルスニューラルネットワークにおける破局的な忘却の抑制を考慮したヘブ型学習則”, 電気学会論文誌C (Vol.123) No.6, pp.1124-1133 2003年
  66. , “マルチエージェントシステムにおけるデザインパターンを用いたフレームワークの設計”, 電気学会論文誌C (Vol.123) No.4, pp.699-706 2003年
  67. , “フローシステムにおける分岐構造形成の計算機シミュレーション”, 電気学会論文誌C (Vol.123) No.3, pp.585-590 2003年
  68. , “経験的知識に基づく遺伝子操作を導入したGAによる効率的なモジュール構造型ロボットの迷路巡航学習”, 電気学会論文誌C (Vol.123) No.1, pp.138-143 2003年
  69. , “A Multi-start Simulated Annealing Using Immunity-based Operations and its Application to the Quadratic Assignment Problems”, pp.144-148 2002年
  70. , “誘因価値に基づいて行動選択確率が変化する強化学習法”, 電気学会論文誌C (Vol.122-C) No.12, pp.2157-2164 2002年
  71. Hamagami T, Koakutsu S, Hirata H., “Reinforcement Learning to Compensate for Perceptual Aliasing Using Dynamic Additional Parameter: Motivational Value”, Proceedings of the IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics 2 Vol.2-6 2002年
  72. , “Spectrum Pattern Compression Method for Speech Synthesis basecl on a Genetic Algorithm.”, 119-C(1) 143-150 1999年
  73. , “遺伝的アルゴリズムに基づく音声合成のためのスペクトルパタン圧縮法”, 電気学会論文誌 119-C(1) 143-150 1999年
  74. , “深い意味や構造を意識せず抑揚を抑えて発声された音声のFOパターンの分析と合成”, 電子情報通信学会論文誌 J81-D(6) 1047-1057 1998年6月
  75. , “A power pattern control method for synthesis by rule.”, 54(12) 831-841 1998年
  76. , “Speech synthesis using source wave shape modification technique by harmonic phase control.”, 54(9) 623-631 1998年
  77. , “FO Pattern Analysis and Synthesis of Suppressed Intonation Speech without Awareness of Deep Meaning and Structure”, J81-D(]G0002[)(6) 1047-1057 1998年
  78. , “規則合成におけるパワーパタンの制御方法”, 日本音響学会誌 54(12) 831-841 1998年
  79. , “音源波形形状を高調波位相により制御する音声合成方式”, 日本音響学会誌 54(9) 623-631 1998年
  80. Ken-ichi Magata,Tomoki Hamagami,Mitsuo Komura, “A method for estimating prosodic symbol from text for Japanese text-to-speech synthesis.”, The 4th International Conference on Spoken Language Processing, Philadelphia, PA, USA, October 3-6, 1996 1996年
  81. Ken-ichi Magata,Mitsuo Komura, “A study On Japanese Prosodic Pattern And Its Modeling In restricted Speech”, The 4th International Conference on Spoken Language Processing, Philadelphia, PA, USA, October 3-6, 1996 1996年
  82. Ken-ichi Magata,Mitsuo Komura, “A Method for Estimating Prosody Symbol From Text for Japanese Texr-To-Speech Synthesis”, 1373-1376 1996年
  83. Hamagami Tomoki, Magata Ken-ichi, Komura Mitsuo, “Study on Japanese prosodic pattern and its modeling in restricted speech”, International Conference on Spoken Language Processing, ICSLP, Proceedings 3 1628-1631 1996年
  84. Magata Ken-ichi, Hamagami Tomoki, Komura Mitsuo, “Method for estimating prosodic symbol from text for Japanese text-to-speech synthesis”, International Conference on Spoken Language Processing, ICSLP, Proceedings 3 1373-1376 1996年
  85. Shinichiro Hashimoto, “The Improved Source Model For High-Quality Synthetic Speech Sound”, The First International Conference on Spoken Language Processing, ICSLP 1990, Kobe, Japan, November 18-22, 1990 805-808 1990年
  86. Shinichiro Hashimoto, “A New Synthesizer Model for High Quality Synthetic Speech”, The ESCA Workshop on Speech Synthesis, Autrans, France, September 25-28, 1990 59-62-62 1990年

Misc:

  1. 濱津文哉, 濱上知樹, “電気・超音波イメージングを用いた重粒子線治療における粒子線照射位置把握手法の提案”, 電子情報通信学会技術研究報告 115(438(MICT2015 39-52)) 23-25 2016年1月
  2. Hiroaki Tsunekawa, Takuo Suzuki, Tomoki Hamagami, “Examination of skill-based learning by inverse reinforcement learning using evolutionary process”, Proceedings of 2015 IEEE 9th International Conference on Intelligent Systems and Control, ISCO 2015 2015年9月
  3. 濱上知樹, “不完全知覚状態をサブゴールとする階層型強化学習”, 電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM) 2015 ROMBUNNO.TC12-3 2015年8月
  4. 佐々木勇人, 濱上知樹, “全方位動画像を用いた自己位置推定高速化のための特徴空間の構築”, 情報科学技術フォーラム講演論文集 14th 137-142 2015年8月
  5. 山田雄基, 濱上知樹, “Balanced Random Forestを用いた特徴量抽出に基づく重症度判定システムの構築”, 情報科学技術フォーラム講演論文集 14th 273-278 2015年8月
  6. 濱上知樹, 澤田和人, “小袖屏風を対象とした知的構造の抽出に関する研究”, 情報処理学会研究報告(Web) 2015(CH-107) VOL.2015-CH-107,NO.6 (WEB ONLY) 2015年8月
  7. 濱上知樹, “機械学習による重症度判定の高精度化と知的救命救急サービスの発展”, 電気学会システム研究会資料 ST-15(13-24) 7-11 2015年6月
  8. 安田桃太, 濱上知樹, “ランダムフォレストによるクラス間マージンの指標を用いたコールトリアージ支援システム”, 知能システムシンポジウム講演資料(CD-ROM) 42nd ROMBUNNO.B-03 2015年3月
  9. 武石真登, 恒川裕章, 鈴木拓央, 濱上知樹, “観測の共起関係を利用した転移学習による強化学習の高速化”, 知能システムシンポジウム講演資料(CD-ROM) 42nd ROMBUNNO.D-05 2015年3月
  10. 恒川裕章, 鈴木拓央, 濱上知樹, “マルチエージェントにおけるスキルベース学習を用いた協調行動の獲得”, 知能システムシンポジウム講演資料(CD-ROM) 42nd ROMBUNNO.D-06 2015年3月
  11. 中村光宏, 濱上知樹, “複雑ネットワークの指標値に基づくソフトウェア品質分析”, 電気学会論文誌 C 135(5) 553-558 (J-STAGE)-558 2015年1月
  12. 鈴木拓央, 濱上知樹, “進化的ペトリネットを用いた業務モデルの自律的獲得~ヘッダー付き遺伝子表現によるユニット数の最適化~”, 電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM) 2014 ROMBUNNO.TC1-10 2014年9月
  13. 田村誠悟, 濱上知樹, “小袖屏風画像における画像特徴抽出と類似性の評価”, 電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM) 2014 ROMBUNNO.OS12-5 2014年9月
  14. 小澤耕太郎, 濱上知樹, “固定視点下における多方向光源画像群を用いた小袖屏風画像のインタラクティブ展示のための光源推定”, 電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM) 2014 ROMBUNNO.OS12-4 2014年9月
  15. 濱上知樹, “System of Systemsにおける知能システム設計の最前線”, 電気学会システム研究会資料 ST-14(9-11.13-17) 1-4 2014年3月
  16. 中村光宏, 木野本玲子, 上垣崇宣, 濱上知樹, “グラフ分析によるVHDL構造の解析について”, 電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM) 2014 ROMBUNNO.C-12-53 2014年3月
  17. Kento Yokose, Tomoki Hamagami, “Intelligent call triage system with algorithm combining decision-tree and SVM”, Advances in Intelligent Systems and Computing 273 21-31 2014年1月
  18. Hongbo Shi, Tomoki Hamagami, Katsunari Yoshioka, Haoyuan Xu, Kazuhiro Tobe, Shigeki Goto, “Structural classification and similarity measurement of malware”, IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering 9 621-632 2014年1月
  19. 濱上知樹, “歴史資料デジタルアーカイブデータからの知的構造の抽出―小袖屏風を対象として―”, 電気学会システム研究会資料 ST-13(116-124) 47-50 2013年11月
  20. 黒島麻衣, 濱上知樹, 大山力, 秋山太郎, “政策形成手法としての電力市場のシミュレーション”, 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集(CD-ROM) 2013 ROMBUNNO.SS13-2 2013年11月
  21. 中村光宏, 木野本玲子, 中嶋久彰, 濱上知樹, “有向グラフ分析によるソフトウェア保守性評価の試み”, 電子情報通信学会技術研究報告 113(269(SS2013 36-47)) 43-48 2013年10月
  22. 中村 光宏, 木野本 玲子, 中嶋 久彰, 濱上 知樹, “有向グラフ分析によるソフトウェア保守性評価の試み”, 研究報告ソフトウェア工学(SE) 2013(7) 1-6 2013年10月
  23. 中村 光宏, 木野本 玲子, 中嶋 久彰, 濱上 智樹, “有向グラフ分析によるソフトウェア保守性評価の試み”, 電子情報通信学会技術研究報告. SS, ソフトウェアサイエンス 113(269) 43-48 2013年10月
  24. 恒川裕章, 濱上知樹, “進化過程からの逆強化学習によるスキルベース学習”, 電気学会システム研究会資料 ST-13(29-55) 133-138 2013年9月
  25. 恒川裕章, 濱上知樹, “進化過程からの逆強化学習によるスキルベース学習”, インテリジェント・システム・シンポジウム(CD-ROM) 23rd ROMBUNNO.ST-13-053 2013年9月
  26. 濱上知樹, 大重賢治, 鈴木範行, “機械学習の医療分野への応用―知的救急医療の実現に向けて”, 電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM) 2013 ROMBUNNO.TC9-8 2013年9月
  27. 多田香緒里, 濱上知樹, “マルチエージェントネットワークにおける局所的制約を考慮した階層的交渉手法”, 電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM) 2013 ROMBUNNO.GS8-9 2013年9月
  28. 武石真登, 濱上知樹, “文脈に応じた行動価値を分割するQ‐learning”, 情報科学技術フォーラム講演論文集 12th 373-378 2013年8月
  29. SHI Hongbo, 志村俊也, XU Haoyuan, 濱上知樹, “DNSログの時系列解析による異常通信の検知”, 大学情報システム環境研究 16 77-78 2013年7月
  30. 神由希子, 武石真登, 濱上知樹, “状態空間の位相類似性を利用したQ学習の高速化手法”, 電気学会システム研究会資料 ST-13(12-17) 15-19 2013年5月
  31. 恒川裕章, 濱上知樹, “進化プロセスからの逆強化学習”, 知能システムシンポジウム資料 40th 65-68 2013年3月
  32. 川端啓嵩, 濱上知樹, “配送計画問題における車両組み合わせの逐次的探索法”, 知能システムシンポジウム資料 40th 277-282 2013年3月
  33. 福田伸彦, 松下亮太郎, 中村光宏, 濱上知樹, “クラス構造見直しによるソフトウェアの保守性改善の分析”, 電子情報通信学会大会講演論文集 2013 23 2013年3月
  34. SHI Hongbo, 濱上知樹, “GHSOMを用いた時系列構造特徴の異常検知”, 電気学会システム研究会資料 ST-12(11-20) 13-18 2012年12月
  35. 倉野博仁, 濱上知樹, “確率的な状態遷移を持つペトリネットを用いた行動コンテキストの学習”, 電気学会システム研究会資料 ST-12(11-20) 29-34 2012年12月
  36. 横瀬賢人, 濱上知樹, “決定木を用いた近傍空間内でのサポートベクタマシンによるコールトリアージ判定支援の検討”, 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集(CD-ROM) 2012 ROMBUNNO.2C1-2 2012年11月
  37. 鈴木範行, 大重賢治, 濱上知樹, 山本俊郎, 伊巻尚平, 木下弘壽, “119番通報トリアージにおける心肺停止症例の抽出について―横浜ディスパッチシステムにおける検討―”, 日本救急医学会雑誌 23(10) 550-550 2012年10月
  38. 染谷直希, 濱上知樹, “自律移動ロボットにおける動画像知能化環境の構築”, 日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM) 30th ROMBUNNO.1L2-4 2012年9月
  39. 神由希子, 濱上知樹, “強化学習における不完全知覚検出を用いた問題空間分割”, 電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM) 2012 ROMBUNNO.TC15-3 2012年9月
  40. 齊藤竜矩, 濱上知樹, “動的環境におけるベイジアンネットワークを用いた最適解集団獲得のための遺伝的アルゴリズム”, 電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM) 2012 ROMBUNNO.TC14-8 2012年9月
  41. 濱上知樹, “コンピューテーショナル・インテリジェンスの新展開―クリフォード代数表現など高次元表現を中心として―高次元化した強化学習法―複素表現から量子表現まで―”, 計測と制御 51(4) 390-395 2012年4月
  42. 濱上 知樹, “高次元化した強化学習法 : 複素表現から量子表現まで”, 計測と制御 = Journal of the Society of Instrument and Control Engineers 51(4) 390-395 2012年4月
  43. 鈴木範行, 大重賢治, 伊巻尚平, 山本俊郎, 麻生秀章, 高松益樹, 木下弘壽, 森脇義弘, 川上ちひろ, 濱上知樹, “救急隊活動中に心肺停止となった症例について―横浜ディスパッチシステムにおける検討―”, 日本臨床救急医学会雑誌 15(2) 239-239 2012年4月
  44. 神由希子, 濱上知樹, “情報量エントロピを用いたProfit Sharingにおける不完全知覚の回避”, 知能システムシンポジウム資料 39th 91-94 2012年3月
  45. 鈴木範行, 大重賢治, 伊巻尚平, 山本俊郎, 木下弘壽, 道下一朗, 高橋規夫, 麻生秀章, 森脇義弘, 川上ちひろ, 濱上知樹, 杉山貢, “119番通報内容の緊急度選別システム”, 医療情報学 31(1) 3-12 2012年1月
  46. 濱上知樹, “不完全知覚のある環境の問題クラスとその評価法についての考察”, 電気学会システム研究会資料 ST-11(25-32.34-35) 13-18 2011年12月
  47. 濱上 知樹, “不完全知覚のある環境の問題クラスとのその評価法についての考察 (システム研究会 確率的最適化技術と機械学習技術の共進化)”, 電気学会研究会資料. ST 2011(25) 13-18 2011年12月
  48. 濱上知樹, “強化学習における価値関数の高次表現に関する研究事例”, 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集(CD-ROM) 2011 ROMBUNNO.1A2-1 2011年11月
  49. 鈴木範行, 大重賢治, 川上ちひろ, 濱上知樹, “119番センターにおけるパソコンを用いた緊急度選別システム”, 医療情報学連合大会論文集 31st 1125-1126 2011年11月
  50. 濱上知樹, 大重賢治, 川上ちひろ, 鈴木範行, “ベイジアンネットワークを用いたコールトリアージ判定の高精度化”, 電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM) 2011 ROMBUNNO.TC6-5 2011年9月
  51. 染谷直希, 濱上知樹, “知能化空間ための動画像による複数フレーム対応点探索手法”, 日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM) 29th ROMBUNNO.3C3-4 2011年9月
  52. 亀山悟, 濱上知樹, 古林直人, “腫瘍細胞画像診断支援のための細胞群に着目した階層成長型自己組織化マップを用いた細胞群特徴の抽出”, 電気学会システム研究会資料 ST-11(14-16.18-24) 23-28 2011年8月
  53. 山崎惇広, 濱上知樹, “初期状態が変化する環境における複素強化学習の検討”, 電気学会システム研究会資料 ST-11(14-16.18-24) 11-15 2011年8月
  54. 根岸弘樹, 濱上知樹, “社会的群知能構造を用いたマルチエージェントの適応的協調”, 電気学会システム研究会資料 ST-11(14-16.18-24) 33-37 2011年8月
  55. 山崎 惇広, 濱上 知樹, “初期状態が変化する環境における複素強化学習の検討 (システム研究会 機械学習・知能システム一般)”, 電気学会研究会資料. ST 2011(14) 11-15 2011年8月
  56. 亀山 悟, 濱上 知樹, 古林 直人, “腫瘍細胞画像診断支援のための細胞群に着目した階層成長型自己組織化マップを用いた細胞群特徴の抽出 (システム研究会 機械学習・知能システム一般)”, 電気学会研究会資料. ST 2011(14) 23-28 2011年8月
  57. 根岸 弘樹, 濱上 知樹, “社会的群知能構造を用いたマルチエージェントの適応的協調 (システム研究会 機械学習・知能システム一般)”, 電気学会研究会資料. ST 2011(14) 33-37 2011年8月
  58. 山崎惇広, 濱上知樹, “逐次的に分割された問題空間における複素強化学習”, 電子情報通信学会論文誌 D J94-D(5) 872-880 2011年5月
  59. 山崎 惇広, 濱上 知樹, “逐次的に分割された問題空間における複素強化学習(人工知能,データマイニング)”, 電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム 94(5) 872-880 2011年5月
  60. 吉澤宗明, 濱上知樹, “マルチエージェントシステムのディペンダビリティ向上を目指した軽量ミドルウェア”, 知能システムシンポジウム資料 38th 419-422 2011年3月
  61. 染谷直希, 濱上知樹, “動画像処理を用いた複数の障害物情報の統合による環境モデル構築”, 知能システムシンポジウム資料 38th 139-142 2011年3月
  62. 濱上知樹, “信頼される知能システムをめざして―医療・福祉システムへの展開―”, 電気学会全国大会講演論文集 2011(3) 3.S11(17)-3.S11(20) 2011年3月
  63. 濱上知樹, 柚木翔太, 大重賢治, 鈴木範行, “確率ネットワーク学習による救急救命支援システム”, 電気学会システム研究会資料 ST-10(1-2.4-7.9-10) 37-41 2010年12月
  64. 山崎惇広, 濱上知樹, “不完全知覚を含む迷路問題におけるサブゴール決定法の考察”, 電気学会システム研究会資料 ST-10(1-2.4-7.9-10) 21-26 2010年12月
  65. 山崎 惇広, 濱上 知樹, “不完全知覚を含む迷路問題におけるサブゴール決定法の考察 (システム研究会 確率的最適化技術と機械学習技術の共進化)”, 電気学会研究会資料. ST 2010(1) 21-26 2010年12月
  66. 濱上 知樹, 柚木 翔太, 大重 賢治, “確率ネットワーク学習による救急救命支援システム (システム研究会 確率的最適化技術と機械学習技術の共進化)”, 電気学会研究会資料. ST 2010(1) 37-41 2010年12月
  67. 柚木翔太, 濱上知樹, 大重賢治, 鈴木範行, “ベイジアンネットワークを用いたコールトリアージ判定支援の検討”, 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集(CD-ROM) 2010 ROMBUNNO.2F4-1 2010年11月
  68. 中村光宏, 濱上知樹, “ソフトウェア改変における母体の複雑性の影響について”, 電子情報通信学会技術研究報告 110(262(R2010 25-31)) 1-6 2010年10月
  69. 中村 光宏, 濱上 知樹, “ソフトウェア改変における母体の複雑性の影響について”, 電子情報通信学会技術研究報告. R, 信頼性 110(262) 1-6 2010年10月
  70. 山崎惇広, 濱上知樹, “マルチエージェントにより問題空間の分割を行う階層化複素強化学習の検討”, 情報科学技術フォーラム講演論文集 9th 65-68 2010年8月
  71. 齊藤竜矩, 濱上知樹, “二倍体遺伝的アルゴリズムにおけるネットワーク荷重の学習”, 情報科学技術フォーラム講演論文集 9th 69-72 2010年8月
  72. 山崎 惇広, 濱上 知樹, “RF-004 マルチエージェントにより問題空間の分割を行う階層化複素強化学習の検討(F分野:人工知能・ゲーム,査読付き論文)”, 情報科学技術フォーラム講演論文集 9(2) 65-68 2010年8月
  73. 齊藤 竜矩, 濱上 知樹, “RF-005 二倍体遺伝的アルゴリズムにおけるネットワーク荷重の学習(F分野:人工知能・ゲーム,査読付き論文)”, 情報科学技術フォーラム講演論文集 9(2) 69-72 2010年8月
  74. 齊藤竜矩, 濱上知樹, “ネットワーク構造を有する二倍体遺伝的アルゴリズムにおける結合荷重の適応的調節”, 知能システムシンポジウム資料 37th 189-192 2010年3月
  75. 岩崎政寿, 濱上知樹, “チーム医療支援のための相互依存性を持つ行動文脈の自律的学習機構の構築”, 知能システムシンポジウム資料 37th 61-64 2010年3月
  76. 根岸弘樹, 濱上知樹, “社会的群知能と群文脈の共進化的獲得によるMulti‐car Elevator制御”, 知能システムシンポジウム資料 37th 81-86 2010年3月
  77. 澁谷長史, 濱上知樹, “短期記憶をもつ強化学習エージェントの行動獲得条件について”, 知能システムシンポジウム資料 37th 33-36 2010年3月
  78. 柴垣充哉, 濱上知樹, “動画像を用いた知能化空間の自律的構成”, 知能システムシンポジウム資料 37th 151-154 2010年3月
  79. 山崎惇広, 濱上知樹, “階層的に問題空間を分割する複素強化学習の検討”, 知能システムシンポジウム資料 37th 27-32 2010年3月
  80. 川上昌希, 濱上知樹, “動的連続解空間における二倍体GAの追従性の評価”, 電気学会全国大会講演論文集 2010(3) 167-168 2010年3月
  81. 児玉優, 濱上知樹, “マルチエージェントによる環境適応的な電力系統の自律分散制御システム”, 電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM) 2010 ROMBUNNO.TC4-5 2010年
  82. 根岸弘樹, 濱上知樹, “社会的群知能構造と群文脈に基づく組織的学習”, 電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM) 2010 ROMBUNNO.TC4-10 2010年
  83. SHI Hongbo, 濱上知樹, “次世代ネットワークにおける分類学習を用いた自律的なIPフロー制御”, 電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM) 2010 ROMBUNNO.TC4-12 2010年
  84. 柴垣充哉, 濱上知樹, “知能化空間ための動画像による屋内情報タグの学習”, 日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM) 28th ROMBUNNO.2K1-4 2010年
  85. 澁谷長史, 島田慎吾, 濱上知樹, “―イノベーション創出のためのシステム・情報技術―複数の位相変化量を用いる複素Profit Sharing”, 計測自動制御学会論文集 45(11) 597-604 2009年11月
  86. 澁谷 長史, 島田 慎吾, 濱上 知樹, “複数の位相変化量を用いる複素 Profit Sharing”, 計測自動制御学会論文集 = Transactions of the Society of Instrument and Control Engineers 45(11) 597-604 2009年11月
  87. 川上昌希, 濱上知樹, “動的な変化を伴う連続解空間における二倍体GA”, 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集(CD-ROM) 2009 ROMBUNNO.3A4-2 2009年11月
  88. 濱上知樹, “環境知能化のための情報タグによる環境埋め込み型学習”, 日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM) 27th ROMBUNNO.1H1-06 2009年9月
  89. 岩崎政寿, 濱上知樹, “行動文脈の相互依存性を利用するチーム医療支援システム”, 電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM) 2009 ROMBUNNO.OS5-8 2009年9月
  90. 根岸弘樹, 濱上知樹, “群文脈を利用したマルチエージェントシステムにおける協調動作の創発”, 情報科学技術フォーラム講演論文集 8th 439-440 2009年8月
  91. 澁谷長史, 濱上知樹, “複素強化学習における負の報酬の及ぼす影響について”, 情報科学技術フォーラム講演論文集 8th 495-496 2009年8月
  92. 根岸 弘樹, 濱上 知樹, “F-021 群文脈を利用したマルチエージェントシステムにおける協調動作の創発(人工知能・ゲーム,一般論文)”, 情報科学技術フォーラム講演論文集 8(2) 439-440 2009年8月
  93. 澁谷 長史, 濱上 知樹, “F-041 複素強化学習における負の報酬の及ぼす影響について(人工知能・ゲーム,一般論文)”, 情報科学技術フォーラム講演論文集 8(2) 495-496 2009年8月
  94. 細田圭悟, 濱上知樹, “進化的ペトリネットによるチームの行動コンテキスト抽出”, 知能システムシンポジウム資料 36th 189-194 2009年3月
  95. 根岸弘樹, 澁谷長史, 有田秀彰, 濱上知樹, “Multi‐car Elevator制御における社会的群知能の最適化”, 電子情報通信学会大会講演論文集 2009 220 2009年3月
  96. 澁谷長史, 川上昌希, 濱上知樹, “確率的に表現型が決まる二倍体遺伝的アルゴリズムの多様性維持に関する一検討”, 電子情報通信学会大会講演論文集 2009 107 2009年3月
  97. 澁谷 長史, 川上 昌希, 濱上 知樹, “D-8-14 確率的に表現型が決まる二倍体遺伝的アルゴリズムの多様性維持に関する一検討(D-8. 人工知能と知識処理,一般セッション)”, 電子情報通信学会総合大会講演論文集 2009(1) 2009年3月
  98. 根岸 弘樹, 澁谷 長史, 有田 秀彰, 濱上 知樹, “A-12-9 Multi-car Elevator制御における社会的群知能の最適化(A-12.コンカレント工学,一般セッション)”, 電子情報通信学会総合大会講演論文集 2009 2009年3月
  99. 澁谷長史, 濱上知樹, “多様な文脈行動の学習をめざした複素Profit Sharing”, システム・情報部門学術講演会講演論文集 2008 569-572 2008年11月
  100. 杉山貴彦, 濱上知樹, “動画像を用いた自律的な知能化空間の構築”, システム・情報部門学術講演会講演論文集 2008 503-506 2008年11月
  101. 細田圭悟, 柴垣充哉, 濱上知樹, “依存関係を持つ行動コンテキストを利用するチーム医療支援システムの研究”, 医療情報学連合大会論文集 28th 959-964 2008年11月
  102. 杉山貴彦, 濱上知樹, “ネットワークロボットによる環境埋込型学習を用いた環境知能化”, 日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM) 26th ROMBUNNO.1N1-02 2008年9月
  103. 有田秀彰, 澁谷長史, 濱上知樹, “連続的な状態空間における複素強化学習”, 情報科学技術フォーラム講演論文集 7th 9-10 2008年8月
  104. 澁谷長史, 濱上知樹, “不完全知覚を含む環境におけるQ‐learningの学習係数に関する一考察”, 情報科学技術フォーラム講演論文集 7th 323-324 2008年8月
  105. 柴垣充哉, 細田圭悟, 濱上知樹, “音声を用いた医療現場における業務コンテキストの抽出”, 情報科学技術フォーラム講演論文集 7th 385-386 2008年8月
  106. 細田圭悟, 濱上知樹, “進化的ペトリネットを用いた依存関係のある行動コンテキストの学習”, 情報科学技術フォーラム講演論文集 7th 295-296 2008年8月
  107. 加藤能史, 濱上知樹, “配電事故復旧に適した解空間を選択的にサンプリングする遺伝的アルゴリズム”, 電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM) 2008 ROMBUNNO.GS6-4 2008年8月
  108. 澁谷 長史, 濱上 知樹, “F-006 不完全知覚を含む環境におけるQ-learningの学習係数に関する一考察(人工知能・ゲーム,一般論文)”, 情報科学技術フォーラム講演論文集 7(2) 323-324 2008年8月
  109. 細田 圭悟, 濱上 知樹, “M-061 進化的ペトリネットを用いた依存関係のある行動コンテキストの学習(ユビキタス・モバイルコンピューティング,一般論文)”, 情報科学技術フォーラム講演論文集 7(4) 295-296 2008年8月
  110. 柴垣 充哉, 細田 圭悟, 濱上 知樹, “O-010 音声を用いた医療現場における業務コンテキストの抽出(情報システム,一般論文)”, 情報科学技術フォーラム講演論文集 7(4) 385-386 2008年8月
  111. 有田 秀彰, 澁谷 長史, 濱上 知樹, “RF-001 連続的な状態空間における複素強化学習(人工知能・ゲーム,査読付き論文)”, 情報科学技術フォーラム講演論文集 7(2) 9-10 2008年8月
  112. 澁谷長史, 濱上知樹, “複素数で表現された行動価値を用いるQ‐learning”, 電子情報通信学会論文誌 D J91-D(5) 1286-1295 2008年5月
  113. 澁谷 長史, 濱上 知樹, “複素数で表現された行動価値を用いるQ-learning(人工知能,認知科学)”, 電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム 91(5) 1286-1295 2008年5月
  114. 濱上知樹, 平田廣則, “知的車椅子ロボットにおける環境パラメータを介した協調行動の獲得”, 計測自動制御学会論文集 44(2) 191-198 2008年2月
  115. 澁谷長史, 濱上知樹, “複素強化学習のための行動価値の多重化に関する実験的検討”, 知能システムシンポジウム資料 35th 5-8 2008年
  116. 清水浩太郎, 濱上知樹, “経験強化型学習を用いた知能化環境の自律的構築”, 知能システムシンポジウム資料 35th 61-64 2008年
  117. 杉山貴彦, 濱上知樹, “複素ニューラルネットワークを用いたロボット間の協調行動獲得”, 日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM) 25th 3N14 2007年9月
  118. 加藤能史, 濱上知樹, “配電事故復旧のためのマルチエージェントによる分散型遺伝的アルゴリズム”, 電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM) 2007 GS12-4 2007年9月
  119. 古林広之, 下餅原輝顕, 濱上知樹, “インプラントセンサネットワークにおけるマイクロロボットの自律的位置推定”, 情報科学技術フォーラム FIT 2007 11-13 2007年8月
  120. 小南学, 濱上知樹, “確率的に表現型が決まる二倍体GAを用いた動的環境下での最適化に関する研究”, 情報科学技術フォーラム FIT 2007 181-182 2007年8月
  121. 澁谷長史, 島田慎吾, 濱上知樹, “複素強化学習において行動価値を多重化する効果について”, 情報科学技術フォーラム FIT 2007 335-336 2007年8月
  122. 小南 学, 濱上 知樹, “LF-012 確率的に表現型が決まる二倍体GAを用いた動的環境下での最適化に関する研究(人工知能・ゲーム)”, 情報科学技術レターズ 6 181-182 2007年8月
  123. 古林 広之, 下餅原 輝顕, 濱上 知樹, “L-006 インプラントセンサネットワークにおけるマイクロロボットの自律的位置推定(L分野:ネットワーク・セキュリティ)”, 情報科学技術フォーラム一般講演論文集 6(4) 11-13 2007年8月
  124. 澁谷 長史, 島田 慎吾, 濱上 知樹, “F-001 複素強化学習において行動価値を多重化する効果について(F分野:人工知能・ゲーム)”, 情報科学技術フォーラム一般講演論文集 6(2) 335-336 2007年8月
  125. 濱上 知樹, “International Conference on System, Man, and Cybernetics(SMC2006)に参加して(国際会議の報告)”, システム/制御/情報 : システム制御情報学会誌 51(6) 2007年6月
  126. 小南 学, 濱上 知樹, “確率的に表現型が決定する二倍体GA”, 自律分散システム・シンポジウム資料 = SICE Symposium on Decentralized Autonomous Systems 19 323-328 2007年1月
  127. 児玉淳一, 濱上知樹, 宍道洋, 田邊隆之, 舟橋俊久, 平田廣則, “契約ネットプロトコルを用いたマルチエージェントによる自律分散型の配電系統事故復旧方式”, 電気学会論文誌 C 127(1) 24-30 2007年1月
  128. 澁谷長史, 島田慎吾, 濱上知樹, “複素強化学習を用いたAcrobotの振り上げ制御”, 人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM) 21st 3D9-4 2007年
  129. 清水浩太郎, 濱上知樹, “歩行者と協調する知的車椅子における乗り心地を考慮した経路学習”, 日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM) 24th 1I12 2006年9月
  130. 下餅原輝顕, 濱上知樹, “アクティブRFIDを用いた認知障害者のためのコンテキストアウェアネス情報支援システム”, 電子情報通信学会大会講演論文集 2006 S.25-S.26 2006年9月
  131. 下餅原 輝顕, 濱上 知樹, “AS-3-3 アクティブRFIDを用いた認知障害者のためのコンテキストアウェアネス情報支援システム(AS-3.将来ライフを拓くユビキタス技術(1)-RFID(ICカード・ICタグ)技術-,シンポジウム)”, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 2006 “S-25”-“S-26” 2006年9月
  132. 島田慎吾, 澁谷長史, 濱上知樹, “複素評価値を用いたProfit Sharingに関する研究”, 情報科学技術フォーラム FIT 2006 117-119 2006年8月
  133. 島田 慎吾, 澁谷 長史, 濱上 知樹, “LF_007 複素評価値を用いたProfit Sharingに関する研究(F分野:人工知能・ゲーム)”, 情報科学技術レターズ 5 117-119 2006年8月
  134. 濱上知樹, 海野富士也, 宍道洋, 田邊隆之, 舟橋俊久, “電力ソリューション 系統監視制御・保護 マルチエージェントによる配電系統の復旧制御”, 明電時報 (309) 98-102 2006年8月
  135. 下餅原 輝顕, 濱上 知樹, “知的エージェントによる認知障害者のためのコンテキストアウェアネス情報支援システム”, 映像情報メディア学会技術報告 30(36) 77-82 2006年7月
  136. 濱上 知樹, 海野 富士也, 宍道 洋, “マルチエージェントによる配電系統の復旧制御 (電力ソリューション特集) — (系統監視制御・保護)”, 明電時報 2006(4) 98-102 2006年7月
  137. 下餅原輝顕, 濱上知樹, “知的エージェントによる認知障害者のためのコンテキストアウェアネス情報支援システム”, 電子情報通信学会技術研究報告 106(144(WIT2006 17-30)) 77-82 2006年6月
  138. 下餅原 輝顕, 濱上 知樹, “知的エージェントによる認知障害者のためのコンテキストアウェアネス情報支援システム(<特集>高齢者支援,一般)”, 電子情報通信学会技術研究報告. WIT, 福祉情報工学 106(144) 77-82 2006年6月
  139. 児玉淳一, 濱上知樹, 宍道洋, 田邊隆之, 舟橋俊久, “マルチエージェントによる自律的な配電ネットワーク復旧制御の最適化”, システム・情報部門学術講演会講演論文集 2006 201-205 2006年
  140. 濱上知樹, 澁谷長史, 島田慎吾, “複素強化学習の基礎的検討”, 自動制御連合講演会(CD-ROM) 49th ROMBUNNO.SU9-3-2 2006年
  141. 澁谷 長史, 濱上 知樹, “F-004 複素価値関数を用いた強化学習に関する基礎的検討(F分野:人工知能・ゲーム)”, 情報科学技術フォーラム一般講演論文集 4(2) 197-198 2005年8月
  142. 澁谷 長史, 濱上 知樹, “D-8-18 自律移動ロボットのための要素合成モデルによる状態空間の形成(D-8. 人工知能と知識処理, 情報・システム1)”, 電子情報通信学会総合大会講演論文集 2005(1) 2005年3月
  143. 濱上 知樹, 平田 廣則, “セル上に配置されたマリチエージェントによる群集流のシミュレーシュン”, 電気学会論文誌. C, 電子・情報・システム部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. C, A publication of Electronics, Information and System Society 123(11) 2028-2035 2003年11月
  144. 白石 和章, 濱上 知樹, 小圷 成一, 平田 廣則, “複数環境学習オートマトンネットワークによるITS自律走行制御”, 電気学会論文誌. C, 電子・情報・システム部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. C, A publication of Electronics, Information and System Society 123(7) 1285-1291 2003年7月
  145. 松田 泰明, 濱上 知樹, 小圷 成一, 平田 廣則, “フローシステムモデルによる分岐構造形成の計算機シミュレーション”, 電気学会論文誌. C, 電子・情報・システム部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. C, A publication of Electronics, Information and System Society 123(3) 585-590 2003年3月
  146. 元木 誠, 小圷 成一, 濱上 知樹, 平田 廣則, “短期的な伝達効率の調節機構を持つパルスニューラルネットワーク”, 電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング 102(253) 55-60 2002年7月
  147. 小圷成一, 濱上知樹, 平田廣則, “システム最適化法の理論と応用”, EMシンポジウム 31st 27-30 2002年
  148. 濱上 知樹, 小圷 成一, 平田 廣則, “B208 セル上に配置されたマルチエージェントによる群集行動分析の一手法(人の流れ)”, セルオートマトン・シンポジウム講演論文集 2001 227-230 2001年11月
  149. 濱上 知樹, 古村 光夫, “深い意味や構造を意識せず抑揚を抑えて発声された音声のF0パターンの分析と合成”, 電子情報通信学会論文誌. D-II, 情報・システム, II-情報処理 81(6) 1047-1057 1998年6月
  150. 濱上 知樹, “規則音声合成のためのパワー制御モデルの検討”, 情報処理学会研究報告音声言語情報処理(SLP) 1997(120) 1-8 1997年12月
  151. 濱上 知樹, “規則音声合成のためのパワー制御モデルの検討”, 電子情報通信学会技術研究報告. NLC, 言語理解とコミュニケーション 97(439) 1-8 1997年12月
  152. 濱上 知樹, “規則音声合成のためのパワー制御モデルの検討”, 電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声 97(441) 1-8 1997年12月
  153. 濱上 知樹, “音源パワーの分布を高調波位相により制御する音声分析合成方式”, 電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声 97(338) 1-8 1997年10月
  154. 浜上 知樹, “音源パワ-の分布を高調波位相により制御する音声分析合成方式”, 言語・音声理解と対話処理研究会 (19) 1-8 1997年10月
  155. 澗潟 謙一, 濱上 知樹, 古村 光夫, “文節の最終形態に着目した韻律記号付与規則”, 日本音響学会研究発表会講演論文集 1996(2) 295-296 1996年9月
  156. 濱上 知樹, 澗潟 謙一, 古村 光夫, “制限発声下における韻律のモデル化と制御方法について”, 日本音響学会研究発表会講演論文集 1996(2) 297-298 1996年9月

Patent:

  1. 強化学習の価値関数表現方法およびこれを用いた装置
    発明者: 濱上 知樹, ▲渋▼谷 長史
    特願2005-254763 2005年9月2日
  2. 強化学習装置および強化学習方法
    発明者: 濱上 知樹, ▲渋▼谷 長史
    特願2005-254763 2005年9月2日
  3. 粒子の衝突回避の予約方法および装置
    発明者: 向上 拡美, 西成 活裕, 濱上 知樹
    特願2005-130335 2005年3月31日
  4. 個人認証装置および個人認証方法
    発明者: 長峯 隆, 濱上 知樹
    特願平11-096634 1999年4月2日
  5. 音声合成装置
    発明者: 濱上 知樹, 古村 光夫
    特願平10-047471 1998年2月27日
  6. 発声補助用人工喉頭
    発明者: 今村 俊樹, 濱上 知樹, 古村 光夫
    特願平9-230021 1997年8月26日
  7. 発声補助用人工喉頭
    発明者: 今村 俊樹, 濱上 知樹, 古村 光夫
    特願平9-230021 1997年8月26日
  8. テキスト読み上げ装置
    発明者: 古村 光夫, 濱上 知樹
    特願平8-074722 1996年3月28日
  9. 音声合成装置
    発明者: 濱上 知樹, 澗潟 謙一, 古村 光夫
    特願平8-002998 1996年1月11日
  10. 音声合成装置
    発明者: 澗潟 謙一, 濱上 知樹, 古村 光夫
    特願平8-003426 1996年1月11日